2016年12月29日木曜日

1/8-9 新年書き初め会

2017年
1月8日(日)14時~
1月9日(月祝)10時~

一年のはじまりに漢字ひと文字書き初めしませんか
(道具不要)。

参加費 千円(ドリンク、菓子付)

ご予約はお店まで。
ぽれやぁれ 03-3316-0315

1/22(日)「世界ワールドたまごエッグぴよぴよ」

「世界ワールドたまごエッグぴよぴよ」
annasekai
直接クラウドファンディングライブ
 
annasekai、1日限り 戻って来ます!

来年は京都で開かれる「世界文庫アカデミー」に通います
夢をかなえる、学校です。

annasekaiの夢は、annasekaiであること。
みんながみんなであれること。

そんな世の中にできるように
一歩を踏み出します。

そこで、
直接クラウドファンディングライブ!開催ーー!!
つまり、
いつもの、
投げ銭ライブですが。笑

annasekaiの今!
と一緒に、遊びましょーー!

スペシャルゲストには
今、annasekaiが応援したい人を呼びました!
世界ワールドたまごエッグぴよぴよ
ぜひお越しください!
-------------
2017/1/22(日)
18:00 open / 18:30 start

@高円寺 カフェぽれやぁれ
投げ銭+1オーダー

ご予約
Special Guest 志和樹果
-------------
プロフィール

annasekai 
1992年福島県で産声をあげてほぼ神奈川県のアートのまち藤野で山に囲まれて育つ。そのままの感性で「わたしがやらなきゃ世界はこのまんまだ」と歌を作っては歌い、旅をし、「こころのオアシスちゃん」を作ったり、イベントの企画、野外フェス企画、絵を描き、からだに優しいお菓子を作り、家のリノベーションもするなど、思うままに生きる。
最近はギター以外に、ラジカセと小物おもちゃ楽器と一緒に歌う。

志和樹果
1992年生まれのシンガーソングライター&マルチプレイヤー。
幼少の頃から音楽と一緒に成長する。
中学卒業後、高校へ行かず日本を旅し、18歳でドイツに渡る。
路上ライブをしながら世界中を周り、帰国後、出身地の高知県で相方のユウタと古民家レコーディングスタジオ「二十億光年スタジオ」を始める。
2015年にはバンドGREAT SPIRITでアメリカを横断し、「日常と長い夜」と題するドキュメンタリー映画を制作。
突如映画作りにハマり、現在東京で修行中。
ソロやThe Old Wooden Bandなど、ミュージシャンとしても活動を続けている。

1/14(土)Lupe∝演奏会「とおのうた」

 
Lupe∝演奏会「とおのうた」
 
とおのうたを持ち寄って
丁寧に紡ぎます。
ひとり、ふたり、みんなで。
ほっこり温かく煮込まれてゆくスープのような。
雪の下じっと眠り春をまつ、新芽たちのような。

2017年1月14日(土)18:30開場/19:00開演
2000円(オーダー別)
※ナチュラルお野菜のおいしいお料理もあります

お問い合わせ
lupe.lapis@gmail.com

出演
Chie  Narita チェロ、うた

Lupe∝
 横手ありさ  うた
 佐藤公哉    ヴィオラ  うた
 権頭真由   ピアノ  アコーディオン   うた
 蔡怜雄    トンバク   ダフ   うた


✳︎アーティストプロフィール✳︎
Chie
cellist/singer-song writer/improviser
幼少からエレクトーンとフルートを始め、1994年チェロに出会う。故・井上頼豊氏に師事。
渡印してヨガを学び、心身と音楽がよりリンクするようになり演奏活動を始める。様々なバンドに参加してチェロの可能性を模索したのち、2012年冬にソロをスタート。チェロ弾き語りという未知の世界に描くように音を散りばめて、独自の世界観で物語る。
2014年秋に1stアルバム「mani」、2016年秋に2ndアルバム「碧い絵」を発表。感覚と時と場を大切に、様々なアーティストとパフォーマンスを行う。
http://chiecello.com/index.html




Lupe∝  ルーペ
世界の様々な境界へ音を紡ぎゆく
翠緑の視界を持つ旅人の音楽
 横手ありさ(ukulele)  Arisa Yokote
 佐藤公哉(viola) Kimiya sato
 蔡怜雄(tombak,duf) Leo sai
 権頭真由(piano)Mayu Gonto

2013年より活動を開始する。現メンバーは、表現hyogen、三日満月等で活躍している佐藤公哉と権頭真由、ペルシャの打楽器奏者である蔡怜雄と、ボーカル横手ありさの4名。
最も微細な響きの揺らぎのなかで、普遍的な言葉がそっと耳元をかすめ、どこか懐かしい、どこにもない世界へといざなう。
ライブ演奏のほか、様々な人を対象にした音をつむぐWSも開催している。
これまでの自主企画は、雑穀料理とのコラボレーション「妙なる食卓にて音を喰らふ」、鴨川の牛小屋にて、焚き火を囲み太鼓を叩く「満月蔡」、シリーズイベント「星屑採集」など。
小作品「つばめ」3曲入り1000円で販売中。
https://youtu.be/U5uKMc-LxUY

2016年12月13日火曜日

12/17(土)ヨーロッパ中世音楽のトークライブ

ヨーロッパ中世音楽のトークライブ

<出演&トーク>
近藤治夫 / バグパイプほか古楽器
Sally Lunn / プサルテリウム、中世ハープほか古楽器
500年以上前のヨーロッパ中世の音楽を
当時の時代背景・・・社会や文化のお話も交えながら、演奏してゆきます。
お客さんとの会話も交えての時間にしたいと思っています。
-----------------------------------------------------------------------------
12月17日(土)7:00~9:00pm
 
料金: 2000円+1オーダー
 
定員15名
【ご予約】
下記までお電話下さい。
TEL090-9891-8413( 中世の暮らしプロジェクトANONYMOUS 小木曽)
 
企画: 中世の暮らしプロジェクトANONYMOUS
 

12/21(水)明治の夢と経験 〜近代を考える〜

明治の夢と経験 〜近代を考える〜
12月21日(水)19時~21時ごろ

お話する人 Lena Foljantyさん(レーナさん)
参加費:カンパ制 + 1オーダー

世界のいろんなところで起る「近代」という変動は、日本では特に激しかった。

その中で、近代の象徴となる法律はどう考えられていたのだろうか?西洋文化との出会い、翻訳という経験、自由民権の夢、次第に強くなる中央国家。

これらをたどって、日本の「近代」を、明治時代を勉強しにドイツから来ている私の観点から語ってみたいです。

今生きている私たちはこの「近代」に何が見いだせるか?皆さんと考える一晩にしたいです。

2016年12月12日月曜日

12/18(日)赤井康男ピアノコンサート「抒情と矛盾」




2016年12月18日(日)午後6時より(5時30分開場)

1500円(1ドリンク付き)

座席は20席ほどです。確実にお座りになりたい方は事前に下記にてご予約ください。
赤井康男  aquai32@hotmail.com
ぽれやぁれ 03-3316-0315

赤井が自身の作品を含む、イージー・リスニング、ジャズ、クラシックの小品をピアノで弾きます。2人のトランペット奏者、金子雄生と山本恭子もいくつかの曲で加わります。

出演
赤井康男、ピアノ
金子雄生、トランペット
山本恭子、トランペット

プログラム
赤井 自作と即興
ピアソラ 『アヴェ・マリア』
ロッソ 『夜空のトランペット』
ロジャーズ 『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』
ショスタコーヴィチ 『24のプレリュードとフーガ』より『5番ニ長調』
シュルホフ 『ジャズダンス組曲』より『ストンプ』『タンゴ』
グラナドス 『スペイン舞曲集』より『オリエンタル』『アンダルシア』
クープラン 『神秘的な障壁』
(予告なく変更されることもあります)

上演時間
途中20分の休憩を含む約100分


演奏者紹介

金子雄生
10代の頃より ジャズトランペット奏者として多くのセッションバンドに参加。
’95年自己のリーダーバンド「DUNYA FOLI」 を結成。あらゆる第三世界の旋律とリズムを取り入れた”NEW JAZZ AGE”として話題を呼び、トランペット・各種民族楽器を駆使したステージを世界各国のアーティストと繰り広げる。
他、アフリカン・レゲエ・バンド「SABOU」、アフリカン・バンド「Griot」に参加するなど、ジャズの他にも活躍の場を展開。
2013年イタリア、フランス各地においてのセッションも好評で、海外での評価も高い。
現在、ソロ、デュオ等での即興演奏の他、フリージャズのトッププレイヤーとの「Super Session」有機的音楽ユニット「マルチブルー」女優 米塚杏子とのジャズ歌謡演劇「ぱつら座」主催。また、音楽家以外でもダンサー、俳優、詩人との共演も積極的に行っている。

山本恭子
東京都出身。2011年春に会社員生活を卒業し、主にトランペットによる独自の演奏活動を開始する。「家庭料理のような音楽」を目指し、自作曲も含め、レパートリーを開拓。活動履歴はブログ「散歩するラッパ吹き」に記録。2016年1月より金子雄生氏に師事。

赤井康男
作編曲家、パフォーマー。山本恭子、ダンサー權田菜美らとパフォーマンス作品を創る(http://artandpolitics.oops.jp/unknown/)。ラテン/革命歌バンドLos Lavaderosのバンマス、ピアニスト(https://www.facebook.com/latinpn/)。また、エレクトロ・アコースティック・ミュージックも手がける。(http://soundcloud.com/yasuoakai
2002-5年、ベルギーでいくつかのアーティスト・イン・レジデンス・プログラムに参加し、パフォーマンス作品を制作、発表。2002-3年、ドイツの振付家Deufert&Plischkeのプロジェクトに音楽家兼ダンサーとして参加。1999年、静岡舞台芸術センター(SPACダンス)の研修生としてフランスの振付家Jean-Claude Gallottaの作品上演に出演。1993年京都市立芸術大学音楽学部作曲科卒業。

2016年11月28日月曜日

12/9(金) 経済カフェ 第8回 「世の中をどう変えていくのか、自らに問う」



■開催日時
平成2812月9日(金)  午後19時受付開始 19時半スタート

■参加費 千円 +ワンオーダー

■講師
奈須りえさん

■テーマ
「世の中をどう変えていくのか、自らに問う」

たまには大きくえらそうに語りあってみましょう。謙虚にしっかり学びあいながら。

沖縄も福島も国会も地方議会も、
この頃なんだか理解に苦しむ不思議なことばかり。
ぼんやりとでも、確かにそこにあったはずの形が
いよいよ失われ始めているときの違和感や危機感。
政治ってなに?誰のためのもの?
日々の暮らしの中、個々人ができること。

みんなで地図を広げ、現在地を確認し、具体的なそれぞれの道を模索する90分。

前半は奈須先生から30分程度お話いただき、後半は質疑応答、意見交換会とします。
終了時刻は21時を目安としますが、お店は23時まで営業しており、各自のご都合にあわせて流れ解散となります。


(過去の開催情報)
1回 「経済ニュースに興味を持つために」 H27626日 寺西俊一さん
2回 「日本の税制を考える」 H27827日 寺西俊一さん
3回 「オーストリアから学ぶ国づくりのヒント」  H271023日 寺西俊一さん
4回 「番外編」 H271227日 寺西俊一さん
5回 「電力自由化を考える~どこから電気を買いますか?」 H28212日 寺西俊一さん
6回 「地方創生について考える」 H28812日 寺西俊一さん
第7回 「TPPについて考える」 H28年10月14日 奈須りえさん


※これからも2か月に一度くらいの頻度で、わたしたちの暮らしに直結する
  難しそうな経済の問題をやさしく掘り下げ、みんなで身近な経済を考えていきます。

お問い合わせ・申し込み
ぽれやぁれ 03-3316-0315  poleyale@gmail.com


※ご予約なしでもご参加いただけます。当日直接会場へお越しください。




2016年11月27日日曜日

11/27(日)佐々木暁子ピアノコンサート「ハイドンとお茶を」

ぽれやぁれにピアノがやってきたのをご存じですか?
うたごえ喫茶でもお世話になっているご常連、めぐみさんからこの夏に寄贈していただいたのです。
すでにいろいろなライブで(ライブのないときにもお客さまが)演奏されていますが、いよいよピアノに焦点を当てたコンサートを開始します。


◆ハイドンとお茶を

◆コンセプト
かつて日本に存在したピアノブランド「エテルナ」の楽器でお送りするカジュアルなコンサート

◆日時
11月27日(日) 19時スタート

◆入場料
500円+1ドリンクオーダー

◆曲目
いずれもハイドン作曲で
ピアノソナタ第56番
ピアノソナタ第31番
ピアノソナタ第42番
アンダンテと変奏曲

◆プロフィール
佐々木暁子
5歳よりピアノを始め、これまでに佐藤多嘉子、田中蒼子、弘中孝の各氏に、和声を面川倫一氏に師事。ソロのほか室内楽、伴奏、パントマイムとの共演やオーケストラリハーサルでの代奏などで活動している。山形県出身。

12/12(月)「お話の小屋」



「お話の小屋」

~ひとつの小屋にあつまって ちいさな民話を語らうあそび~


日本の民話、世界の民話、おばあちゃんから聞いたお話
お母さんが読んでくれたおとぎ話、どこかで聞いたようなお話
物語のような出来事
どんなものでも「民の話」
好きな民話をもちよってお話をする場をつくりました


聞くだけでも◎
お気軽にお越しください。


第七夜・・・12月12日(月)夜6:30~9:30

〇お話する人〇
うめむらまり、高畑吉男、Sally Lunn、参加の皆さん(有志)


参加費1000円+オーダー

<お問合せ・ご予約>
090-9891-8413(小木曽)


企画:うめむらまり 高畑吉男 Sally Lunn
中世の暮らしプロジェクトANONYMOUS

2016年11月26日土曜日

12/10(土)冬のはじまり 2016

一年前、12月5日にぽれやぁれで開催した「冬のはじまり」は多くのアーティストの協力を得てぽっかりと実現した一夜限りの小さな演奏会でした。
 
今年は、例年よりだいぶ早い初雪も降り、冬に先を越されてしまいました。それでもまだ始まったばかりということで、12月10日のお茶の時間に、小ぢんまりと、ひっそりと、ひとときを分かち合いたいと思います。
 
2016年12月10日(土)14時集合
 
14時半 演奏 
 
15時 終了
 
「冬のはじまり」
https://soundcloud.com/kyoko-yamamoto-2/sets/the-beginning-of-wnter-2015

作:山本恭子 編曲:赤井康男

現在の参加予定
ピアノ、クラリネット、トランペット、ユーフォニウム

演奏に参加ご希望の方は osampo.tp@gmail.com 山本恭子 までご一報ください。

参加費は特にありませんが、演奏する方も聴くだけの方も、1オーダーをお願いします。