2018年6月15日金曜日

6/23(土) いときょう先生に学ぶ!ホツマツタエ講座~ヲシテ文字と縄文の宇宙観~






いときょう先生に学ぶ!ホツマツタエ講座
~ヲシテ文字と縄文の宇宙観~


日時:2018年6月23日(土)11時~13時(受付開始10時半)

場所:ぽれやぁれ
*住所:東京都杉並区高円寺南3-44-16
*最寄駅:中央線の高円寺駅から5分、丸ノ内線の新高円寺から10分

定員:20名
*最小遂行人数4名

参加費:4000円(早割3500円、6/16(土)24時迄に申込み)
*古代小麦のお菓子&スーパーフードのドリンク付き&有機チアシード(1000円相当)のお土産付き

締切申込:6/23(土)10時

キャンセルポリシー:6/23(土)10時以降100%


「申込・お問合せ先」

申込・お問合せ先:有限会社AMA Japan(担当:七林)
s_nanabayashi@amajapan.com

メールアドレス宛に名前、参加人数、TELをご明記の上、お申込みください。
早割を活用しお得に参加できます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いときょう先生に学ぶ!ホツマツタヱ講座~ヲシテ文字と縄文の宇宙観~

内容:「ホツマツタヱ」とは、48文字からなる縄文時代の古代文字ヲシテを使い、五七の長歌体により書かれた、古事記と日本書紀(記紀)の元になったといわれる歴史書です。

西暦126年(景行56年)に奉呈された日本最古の古典文献であり、古事記の編纂年・西暦712年と比べても約600年ほど遡ります。

三巻四十章、全一万行、約十二万文字で成り立ち、約三万二千文字の古事記、約五万四千文字(景行天皇迄)の日本書紀と比べ2~3倍の文字数を誇ります。

世界三大叙事詩である古代ギリシャ詩人ホメーロス作「イーリアス」と「オデュセイア」は紀元前8世紀頃、古代メソポタミアの「ギルガメッシュ」は紀元前3千年頃、古代インドの「マハーバーラタ」は4・5世紀頃にそれぞれ成立しましたが、ホツマツタエの天巻地巻の成立は紀元前7世紀頃であり、これら三大叙事詩にも匹敵します。

ホツマツタエにおいて神々は天上界の霊格ではなく、実際に日本各地に存在した歴史上の人物として生涯を記述されています。

面白いことに、記紀において女性神とされる天照大神は、姉のワカ姫とすり替わっている部分があると研究者は考えており、ホツマツタエにおける天照大神は13人の妃がいたとされる男性神となっています。また、伊勢神宮のご祭神「豊受大御神」は、ホツマツタエにおいては、天照大神が青年時代に人倫と政道を師事した偉大な人物である外祖父(実母イサナミの父)と伝承されています。記紀では記述されていない姫神(天照大神の正后・瀬織津姫、姉の和歌姫、子女の奥津嶋姫など)も詳細に紹介されています。

さらに、天照大神は、肉食を禁じる健康食事法を提唱していました。例え肉食を食べたとしても、毒消しとして、付け合わせを必ず摂るように教えていました。

七夕 お彼岸の習俗、七草粥、ひな祭りなどの年中行事、七五三などの成長儀礼、60進法に基づく古代暦(太陽太陰暦)、日本の仏教における釈迦の教えとは食い違う祖先崇拝、四十九日や命日のお祀り、彼岸やお盆、「和を以て尊しと為す」の原点となる皇室の大御心につながる「タミとともに歩む」統治理念など、ホツマツタエを淵源と読み取れるものが多くあります。

このホツマツタエが再発見されたのは昭和41年4月。2016年10月11日には、ちょうど50周年記念フォーラムが開催されました。

神様をより身近な存在として感じられる「ホツマツタヱ」を、ホツマ出版を立ち上げ、「ホツマツタヱ」に関する著書を多数執筆されている、いときょう先生に「ヲシテ文字と縄文の宇宙観」を中心に教えていただきます。

当日はヲシテ文字の理解をより深めていただくために「アワ歌」の解説もしていただき、実際に「アワ歌」も歌いましょう。



いときょう氏プロフィール:
昭和24年7月16日東京生。早稲田大学第一政治経済学部経済学科卒。ホツマ出版株式会社取締役社長ホツマ塾主宰。東洋大学にてホツマツタヱを観光で考える講座を受け持つ。拓殖大学客員教授としてホツマツタヱを伝える。著書に「古代史ホツマツタヱの旅全5巻」、「やさしいホツマツタヱ全訳」、「日本のかほり「漢字伝来以前にあった古代日本の文字と死生観」」、「ひのもとのくにうみ物語」、「真の古代史ホツマツタヱ入門」、「フトマニの解説」、「縄文の世界アウワ」、「縄文の心が今よみがえる「トの教え」」などがある。

申込・お問合せ先:有限会社AMA Japan(担当:七林)
s_nanabayashi@amajapan.com


7/5(木) うたびと・ねおみい ぽれやあれLive vo.1





『 うたびと・ねおみい ぽれやぁれLive vo.1 』

素朴な楽器の音色をこよなく愛す、うたびと・ねおみい。
自然の息吹を感じさせるオリジナルやおなじみの名曲などを
アジアの竪琴・カレンハープ、アフリカのカリンバ、ウクレレなどで
弾き唄います。
ぽれやぁれの素敵な手造りの椅子に腰かけて、
心ほどける午後のひとときをお楽しみください。

【日程】7月5日(木) 14時00分~15時30分頃

【会場】 雑貨+Cafe ぽれやぁれ
東京都杉並区高円寺南3-44-16

【料金】ワンオーダー+自由料金制 (感じた愛を形にしてください♪)

【予約・問合】neomusic@neomii.net

ねおみい/山口尚己 プロフィール
http://neomii,net/
詩的イマジネーション溢れる楽曲と生の明暗を輝きに包む希有な歌声。
素朴な楽器の音色をこよなく愛し、アジアの竪琴カレンハープ、アフリカのカリンバ、ウクレレなどを弾き唄う。
ボーカリストとして『機動戦艦ナデシコ』『夢のクレヨン王国』挿入歌担当。
つのだ☆ひろ氏のステージ&レコーディングサポート。
オリジナルCD作品に『月の虹の話』『ティル・ナ・ノグ』などがある。

2018年5月24日木曜日

6/9(土)音楽とストーリーテリング〜線と向こうとこちら側~








音楽とストーリーテリング〜線と向こうとこちら側~



6月9日(土) 午後7時半~

場所:ぽれやぁれ 東京都杉並区高円寺南3-44-16http://poleyaleyaleyale.blogspot.jp/
席料:2000円+オーダー

高畑吉男 ストーリーテリング
Sally Lunn プサルテリウムほか

2018年5月18日金曜日

5/26(土)『 ZAN ジュゴンが姿を見せるとき』上映会


『 ZAN ジュゴンが姿を見せるとき 』上映会
~自然の脅威と恵みを受けながら、本当に守らなくてはいけないもの~

沖縄に生息する絶滅危惧種のジュゴンを見ようと訪れた先は辺野古。
そこで目の当たりにしたのは、圧倒的な自然の美しさと、それを脅かす米軍基地建設だった。

日程:5月26日(土) 19時30分~21時30分頃
参加費:500円 + ワンオーダー

※辺野古の最新情報も!


6/10(日)ハイドンとお茶を 第4弾





ハイドンとお茶を


交響曲の父ハイドンが鍵盤楽器に込めた世界を、かつて日本に存在したピアノブランド「エテルナ」の楽器で送るカジュアルなコンサートの 第4弾。

◆曲目
ピアノソナタ第19番 XVI-47 ホ短調
ピアノソナタ第15番 XVI-13 ホ長調
ピアノソナタ第34番 XVI-34 ホ短調
ピアノソナタ第37番 XVI-22 ホ長調

◆日時と場所
2018年6月10日(日)19:00スタート
@カフェ「ぽれやぁれ」
東京都杉並区高円寺南3-44-16
(pal商店街のヴィレッジヴァンガードを右折、西友の斜向い)
入場:500円+ワンドリンクオーダー


◆佐々木暁子
5歳よりピアノを始め、これまでに佐藤多嘉子、田中蒼子、弘中孝の各氏に師事。ソロのほか室内楽、伴奏、など広く活動している。山形県出身。

◆お問い合わせ
ぽれやぁれ  poleyale@gmail.com TEL:03-3316-0315


2018年4月28日土曜日

5/8(火)剛平未来研吾さゆり お話し会

2018年5月8日(火)19時半~ ぽれやぁれにて

林剛平さんのお話し会を計画したところ、急遽、同じ「歓藍社」に取り組む
渡辺未来さん、佐藤研吾さん、はしもとさゆりさんも来てくださることになりました!!
豪華4名のゲストを迎えてのお話し会です。
予約不要ですので、ぜひお気軽にご参加ください。(椅子の数に限りがありますので、お早めにお越しください。)

参加費1000円+1オーダー(ゲストが増えましたが参加費はそのままです。クラウドファンディングが始まりましたのでぜひご協力を。詳しくはこの記事の下のほうにご紹介します。)

「お話」の時間を確保するため、Web上で見られる動画の上映は割愛させていただきます。もしよければこちらの動画を事前にご覧ください。(10分少々の動画です)
https://youtu.be/Xv26KUMEJoI
福島県大玉村で2017年7月に行った「大玉村の小さな藍まつり」のために、「藍のごろごろ染め」の道具を作りました。コンクリートでできた「おおざら」とケヤキの丸太を切り出した「あだたま」の制作過程です。
※「小さな藍まつり」の動画もご覧ください。

 イトテト舍では昨年5月に和棉の栽培を開始、9月より循環型社会、自給自足、地域おこし、原発問題、オーガニックコットン等をテーマとした「お話し会」または「学習会」を開催してきました。
 昨年、イトテト舍の山本恭子が福島県大玉村で開催された「歓藍社(カンランシャ)」の藍染ワークショップに参加して以来、林さんのお話し会や歓藍社を紹介する機会を持ちたいと思っていたところに、林さんが5月に東京、しかも高円寺でマタギの写真展を開催すると聞いて、そのタイミングでぽれやぁれにも来ていただこうと、話が進みました。

 写真展は北口のバー鳥渡にて、5月2日~5月16日
 「林 剛平写真展「雪の山、ブナの落ち葉、足の裏の肉球が弾む・2」」


 ワタと藍。日本に暮らす人々にとても身近で、かつて日本経済を支える産業でもあった二つの植物と二つのグループ。なにか植物たちの、自然界の計らいを感じます。

ゲストのご紹介
■林剛平さんを取り巻くキーワード(本人 twitterより)
 歓藍社 高山建築学校 わすれん!で会いましょう
 小国春熊猟 木造舟「さぐば」は東北の山と海
 蟻鱒鳶ル バッブンカ!は、薪ストーブみたい

■渡辺未来プロフィール
ファッションデザイナー。1987年東京生まれ。東京芸術大学デザイン科卒業。
建築事務所に勤務後、バッグ職人の父の手伝いをしつつ高山建築学校、ここのがっこうで学ぶ。歓藍社であたらしい藍染めに取り組む。
いやがらせ、カウンセリング、じゃんじゃん奉仕する、自分の駄目なところを受け入れる」を方針として制作。
https://www.instagram.com/p/BhfzR92HqnA/

■佐藤研吾プロフィール
建築家。インド・ベンガル地方で工作を通して大地と人間生活の関係を探求する国際建築学校In-Field Studioを主宰。東京では建築設計を生業とする傍ら、江戸−明治の時代の転換期の都市における動物と空地、社会システムの連関を研究。歓藍社では藍染めという柔らかい技術と建築の和合を試みる。
http://korogaro.net/

■はしもとさゆりプロフィール
お直しデザイナー。企画、広報、ときどきカフェ店員。
http://apartment-home.net/author/hsm2/


 ↑こちらは河原伸彦さんの作品

さて、彼ら「歓藍社」では、藍染め工房「染め場とカフェ(仮称)」の整備のためのクラウドファンディングが始まりました。
https://camp-fire.jp/projects/view/68881
この「染め場とカフェ(仮称)」準備活動は、はしもとさゆりさんを中心に進められています。フットワーク軽く闊達で魅力的なはしもとさんは、大玉村で藍染をしたりお直ししたり、お茶が飲めたりする空間をつくるために奔走しておられます。
ぜひ応援しましょう!

また、整備にあたってお手伝いいただけるサポーターも募集しています!
http://kanran-sha.net/archives/859

【歓藍社Webサイト】 →http://kanran-sha.net/