ページ

2019年12月2日月曜日

12/12(木) 師走 歴史講和 吉良家と忠臣蔵



師走 歴史講和 吉良家と忠臣蔵

日時  12月12日(木) 一回目 15:30~ / 二回目 19:00~

場所  ぽれやぁれ 杉並区高円寺南3-44-16(高円寺南口徒歩6分 エトワール商店街)
    03-3316-0315

会費  2000円

内容  ​歴史家として、有職点前御家元として、又、ワインコラムニストとして御活躍の
    髙山宗東氏をお迎えし、興味深いお話をお伺いしながらお茶を楽しんでいただく
    第二弾……。 
    
    今回は、師走に因み、元禄を揺るがした赤穂事件についての物語。
    元禄赤穂事件は、文楽の演目、仮名手本忠臣蔵として人気を博し、当時の人々の
    間に瞬く間に広まり、その後長きに渡り、忠臣蔵として、歌舞伎 演劇 映画
    舞踊に取り上げられて現在に至っています。

    忠臣蔵は浅野家の物語となっていますが、では、対する吉良家にとっては
    どのような物語があったか……そんなことを想われたことはございませんか…?

    吉良家は、幕府の式典を司り、朝廷への使者も務める格式ある家柄でした。
    忠臣蔵では敵役の吉良上野介は、茶人でもあり、卜一(ボクイチ)流という
    お茶の 御家元でもありました。

    この度は、吉良家物語を髙山氏の流麗な語りと共に再現していただいた
    卜一流のお茶を当時の茶器で楽しんでいただきます。
     奮ってご参加くださいませ。


申し込み・問い合わせ      
      
    fumituki.neco@gmail.com​(楠瀬)

   参加ご希望の方は、準備の都合上、前日までに、どちらの回に参加ご希望かも含め、
   上記まで、ご連絡下さるようお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

講師紹介
   専門は有職故実、江戸時代における戦国大名家関係者の事跡研究、系譜、江戸文芸、
    食文化、妖怪、葡萄酒伝来史。   
    依頼されて、墨書で神社の御札や看板などを書く「揮毫」多数。  
    東京大学先端科学技術研究センター協力研究員、歴史考証家、有職点前(中世風茶礼)
    家元、ワインコラムニスト、イラストレーター、大阪市ワインミュージアム顧問
    などを務める。

1 件のコメント: