2020年9月24日木曜日

10/1(木)ヒトツナ主催 「大草原の小さな家」お茶会

 


こんにちは。今夏クローズした、「ヒトツナ」というイベントスペースの
企画・運営をしていました、國松佳子と申します。

ヒトツナで毎回和気藹々で充実していたこちらのお茶会、今後、 
ぽれやぁれさんで開催させて頂けることになりました。

原作も、TVドラマも 世界中で愛され続けている「大草原の小さな家」シリーズ。
どちらを好きな方でも、知らないけれど興味はある方でも大歓迎です。


内容・・思い出や感想のシェア、DVDの鑑賞、交流etc

時間 ・・ 11時~12時半(その後は自由解散)
参加費・・1000円(コーヒーor紅茶&プチスイーツ付き)


どうぞ、お気軽に遊びにいらしてください。



2020年9月13日日曜日

9/27(日)Sally Lunn&伊藤賢一ライブ

 Sally Lunn&伊藤賢一ライブ


9月27日(日)18時~20時ごろ

場所:ぽれやぁれ(東京都杉並区高円寺南3-44-16)
料金:2500円+1ドリンクオーダー

出演:
Sally Lunn(プサルテリウム、リコーダーほか)
伊藤賢一(ギター)
ゲスト:藤川星(ドゥドゥク、シュビ)

中世・ルネサンス音楽から、トラッド、オリジナル曲まで 
ギターと古楽器と歌による様々な音楽をお楽しみください。
ゲストには藤川星さんをお迎えし、アルメニアの音楽をお届けいたします。

定員15名

<お願い>
感染症予防対策をとっての開催となります。
入場時には消毒、マスクの着用をお願いいたします。
体調が優れない、熱があるなどの方は、参加をお控えください。
ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

<ご予約先>
各出演者、または
crab8apple@yahoo.co.jp
090-9891-8413(小木曽

若竹さんぽvol.4 ミカド香奈子Live@高円寺ぽれやぁれ

 


※こちらのイベントは定員に達しましたので、今後の申込みはキャンセル待ちとして受け付けます。
 よろしくお願いします。

民謡、端唄をゆるりとお楽しみ頂きたいと思います。
人が集まれば自然と唄われていた民謡。。。私たちのご先祖さま皆さんが唄っていました。
また、好いたお方への気持ちを 日本語ならではの美しい言葉で表現した端唄。
皆さまに「ふむふむ。。。」と思って頂けますよう、お話を交えながらの三味線弾き唄いミニライブです。
10名様限定です。
どうぞ宜しくお願いいたします。
---------
若竹さんぽvol.4
ミカド香奈子Live@高円寺ぽれやぁれ
10月11日(日)
開場:12:30
開演:14:00
会場:ぽれやぁれ
http://poleyaleyaleyale.blogspot.com/p/access.html?m=1
料金:2000円+1オーダー
・ぽれやぁれの特製ヴィーガンランチをご希望の方は、「野菜の丼」「杏子と無花果のカレー」のどちらかをお選び頂けます。どちらも800円です。
また、ミカド香奈子さんの手作り小物の販売もあります。
参加ご希望の方は、下記のアドレスの「件名」に、若竹さんぽ参加、「本文」にお名前とランチ希望の場合はランチ名を記入し、送信して下さい。
先着10名様のみですのでご了承ください。
メールアドレスはこちら。
from8to9withlove@docomo.ne.jp
また、当日の来場者の皆様には、飲食の時以外はマスクの着用をよろしくお願い致します。
ミカド香奈子 プロフィール
邦楽演奏家。
横浜市生まれ、横須賀市育ち、台東区在住。
日本で初めて民謡を五線譜にした本を発刊させた、故 初代ミカド天風(尺八奏者)を祖父に、二代目ミカド天風(端唄・民謡歌手)を母にもち、幼少より和洋の芸を学ぶ。
民謡、端唄を市丸師の弟子であった母に、そして篠笛・能管を邦楽囃子笛方 望月太喜輔師に師事。
創流七十四年の「民謡ミカド流」家元代行として流派を支える一方、邦楽囃子笛方 望月太喜若の名で、長唄や端唄などの邦楽演奏会、国内外の邦楽公演に出演。
2013年、出雲大社「平成の大遷宮」で奉納演奏。
2016年、(公財)日本民謡協会において 笛の師範教授として女性初の認定を受ける。
福島、池袋盆BANDで、篠笛と唄担当。
日本古来の音楽とポピュラーミュージックを融合した 民謡お祭りバンド「アラゲホンジ」笛方。
主に民謡・端唄をドラム、ベースと共に演奏するユニット「藍海松茶」(あいみるちゃ)で、三味線弾き唄い。
民謡や自由な活動にはミカド香奈子、邦楽では望月太喜若として古き佳きものを大切にしつつ、幅広く活動中。


2020年3月22日日曜日

4/4(土)5(日)NO WALL CAFE 高校生カフェ




NO WALL CAFE  高校生カフェ

現役高校生が作るヴィーガンカフェ@ぽれやぁれの第二回目を開催いたします。
食物について専門的に勉強中の高校生3人が、食がつくる壁を越えた新しい場所作り、
だれもが楽しめる「 壁のない食卓 」をテーマに、お食事を提供します。

食事はすべてヴィーガン(動物性食材不使用)になります。
今回も創意工夫に満ちたメニューです♪
どうぞお楽しみに!!


開催日:4月4日(土)5日(日)
営業時間: 11:00~17:00(売り切れ次第終了)

テイクアウトOKです。
予約受付しています!
お申し込みは、お電話またはメールでお願いします。

TEL 03-3316-0315
Mail    poleyale@gmail.com







2020年2月9日日曜日

2/14(金)HIROE MORIKAWA × WOON JUNG SIM from Korea



この冬最後の寒さが続いていますね、皆様お変わりないですか?

さて、2/14に久しぶりに高円寺ぽれゃあれさんで
コンサートをさせて頂くことになりました。

今回は私の友人の打楽器奏者Sim Woonjungさん が
韓国から参加してくれる事になりました。

是非皆様お越し頂けると嬉しいです、皆様にお会い出来ますように!



日時: 2月14日 19時開始
参加費: minimum 1000yen +ワンオーダー and  チップ大歓迎♪


森川浩恵(箏曲家・歌)

百年以上の歴史を誇る三代続く邦楽の家に生まれる。
3歳より母に箏、6歳より父に尺八を学ぶ。
後に幼少期より横山勝也に尺八・演奏法など音楽に関する基礎知識、音楽に必要な思想・哲学を学ぶ。
小学生から中学生にかけて様々な箏曲のコンクールに出場し、個人では三度、団体では二度全国一位を受賞、文部大臣賞受賞。

中学3年生の年に日蘭修好400周年記念行事に参加し、日本音楽コンクール受賞者のフルート、ピアノ、ヴァイオリン奏者と共に オランダ六都市で公演、王女に謁見する。
翌年、東京芸術大学音楽学部附属高校に入学し、2002年現役女子高生、天才少女としてメジャーデビュー。
デビュー作品は発売時に純邦楽では異例のセールスを記録。
収録曲がCM起用され話題となる。
後に若手女性箏曲演奏家が大集結したCMオーディションでは、堂々の一位入選を果たした。
古典芸能の技術を基盤に、アバンギャルドな奏法を駆使し、自身のスタイルで様々な音楽やアート・映像・舞台などと共演し様々なアートシーンに関わる。
ディズニーチャンネル、題名のない音楽会、たけしの誰でもピカソ、ムジカ・ピッコリーノ、NEWS23などのテレビ番組をはじめとするメディア各方面に多数出演。
毎年行われる8月9日に鎌倉鶴岡八幡宮での奉納演奏をはじめとする、寺社仏閣、コンサートホールでの演奏。
ソロ活動に加えて、姉の森川訓恵とのユニット「スキッパ・ハスッパ」トロピカルバンド「キウイとパパイヤ、マンゴーズ」ではヴォーカル・箏を担当中。
「スキヤキ・ミーツ・ザ・ワールド」などの国内フェスティバルに加え、ロシア「Hinode power JAPAN」韓国「ソリ・インターナショナルフェスティバル」フランス「ジャパンエキスポ」ミュージックフェスティバル」など欧米、アジア、アフリカなどフェスティバルに多数召喚されている。

また、芸妓組合に正規登録し、数年間音楽活動と平行して芸妓を勤めていた事もあり、日本文化や日本の美意識の多くを吸収した女性としても各方面で注目されている。









2020年1月13日月曜日

1/19(日)新春一発目!シャミセン・テ・モクラシー in TOKYO #4


1/19(日)寂空に泳ぐ魚 新春LIVE


寂空に泳ぐ魚 津軽三味線&ジャンベLIVE
◆とき
2020.1.19(日) 18:30open 19:00start

◆ところ
ぽれやあれ
東京都杉並区高円寺南3-44-16
03-3316-0315

◆ねだん
2000円+ワンオーダー

******************

【アーティスト紹介】

◆寂空に泳ぐ魚
東京で活躍中の津軽三味線の寂空(Jack) と
ジャンベを叩いて歌う平魚泳(千葉出身 大分在住)のユニット。
2008年の春に旅路の四国の路上で出逢い、その後東京、関東各地で演奏。暮らしの変化と共に2014年から5年ほどのブランクを於いて、マイペースで活動を再開。


◆平魚泳〜ひらさかなおよぐ〜(うた、ウクレレ、ジャンベ、笛)
https://www.hirasakana.com/
タイコ(アフリカのジェンベ)を叩いて、横笛吹いて、ウクレレ弾いて、歌う。ストリートミュージシャン、 ウクレレ教室、作曲、アレンジ、舞台役者、舞台音楽などを経験。 千葉県出身。大分県の耶馬溪在住。 高校生の時ギターで路上で歌い始め、2000年タイコと出会い、2001年にウクレレと出会う。オーストラリア、韓国、台湾、ハワイでも演奏活動を展開、各國の言葉で歌う。詩人。ピアノと馬頭琴との生音Liveトリオバンド「風の音楽家」や、相方が歌うほのぼの家族バンド「コペコペカナオ」などでも活動中。ウクレレのメルヘンな音色は聴く人を癒し、タイコの力強いパフォーマンスは共に笑顔になれる。自然体、等身大で歌い奏で続けています。


◆寂空-JACK-
http://shamisenist.net/


寂空-JACK- (津軽三味線)

1984年静岡生まれ、湘南育ち。現在は東京を拠点にワールドワイドに伝統の枠をはみ出した活動を展開している。
自身がリーダーを務めるTHE SYAMISENISTでは、世界遺産での演奏からロックフェスティバルに至るまで、ジャンルレス、ボーダーレスで活動を展開している。

略歴
2014年、津軽三味線世界大会唄付けA級部門、銀賞。

2019年、ガンジー150周年に際する外務省主催プロジェクトにて、ガンジーが愛した歌の日本版アレンジでディレクターを務め、その作品が見事に評価され、印度外務大臣賞を受賞。 

2019年、G20に際し訪日されていたブリジット・マクロン・フランス共和国大統領夫人と安倍昭恵内閣総理大臣夫人の懇談会に際し、盆栽師 平尾成志さんとの盆栽ライブパフォーマンスを披露。

2019年、リーダーを務めるバンド、THE SYAMISENISTでは、ラグビーW杯セミファイナルに際し、横浜アリーナで演奏を務める。

2020年にはバンド初のヨーロッパツアーが決定している。

ESPエンタテインメント大阪校和楽器セミナー特別講師。TRANSIST RECORDS所属。